スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube10周年記念

YouTubeが新たなビジネスモデルを創造する!


YouTubeが10周年を迎える今年、新たな機能が追加されてきています



※呼夢叶夢サイトより参照致しました。
今年10周年を迎えたYouTubeは今、かつてない成長を遂げていると思っているのは私だけでしょうか?
動画先進国のアメリカでは今、まさに、競合他社に差を付けられないために「取り組み必須」のメディアとなっています。
そんなことを感じている私は、今まで自分の趣味色の強い動画ばかり投稿してきましたが、いろんな方々から集客、音楽動画の販売、レンタル、そして、ビジネスとしての活用など相談を受けるようになって、いよいよ、イメージだけではなく、実践的に、実際に、私も時は今だとばかりに(笑)、YouTubeビジネス活用を開始した。

先ず最初に私が行ったのは、予め、その時が来るのを待ってチャンネルを開設しておいてあったビジネスチャンネルに動画を初投稿して、(メインチャンネルと比較して)どんな機能が使えて、どんな機能がまだ使えないのか?そして、今後、どんな機能が追加されていくのか?

そんなことを実践して、YouTubeをビジネスに活用したいという方に教えて行こうと思う。

その前に動画で集客、ビジネスに活用するイメージ動画を制作しました。



追加機能のごく一部を紹介します。
その1
動画で商品を紹介する⇒その商品を自サイトネットショップへ直リンクし誘導することができる。

呼夢叶夢

メインチャンネルや他のチャンネルを紹介宣伝ができる。

呼夢叶夢

おススメしたい動画(他のチャンネルの動画も)をカードに入れることができる。

呼夢叶夢


ユーチューブがお勧めするショッピングサイトへ誘導してアフィリエイトで収入を得ることも出来る。

今回、私が一番注目している、楽しみにしていることが【YouTubeチャンネル登録者5,000人超えの特典】だ。

5,000人のファンを獲得したユーザに与えられる特典、私がわかっているいくつかをご紹介します。

動画にクレジットを追加する

チャンネル登録者が 5 千人以上いる場合は、クレジットの機能をご利用いただけます。この機能を使用すると、動画の説明の下にクレジットを表示して協力者の功績を紹介することができます。

●クレジット機能を使用すると、動画に協力者のタグを付けて、ご自身の動画再生ページとそれぞれの協力者のチャンネルをリンクさせることができます。動画の出演者、脚本家、その他の協力者に注目してもらいましょう。動画の編集者や楽曲を提供したミュージシャンの功績を示すこともできます。

現在、クレジット機能はチャンネル登録者が 5 千人以上のチャンネルでご利用いただけます。動画にクレジットを追加し、それがクレジットされたクリエイターに承認されると、動画の説明の下にクレジットが表示されます。クレジットを表示するには、[もっと見る] をクリックする必要があります。

●クレジットの上にマウスのカーソルを合わせると、クレジットされているチャンネルについての詳しい情報が表示されます。また、クレジットをクリックするとそのチャンネルにアクセスできます。
動画にクレジットを追加するには:
編集する動画を開きます。
[基本情報] タブで、画面を下にスクロールして [動画クレジット] セクションを表示します。
役割を追加し、協力者の YouTube ユーザー名を入力するか、チャンネル URL を追加して協力者を指定します。変更が完了したら [変更を保存] をクリックします。


今まで、私がYouTubeの可能性、ビジネス活用の話をしても、多くの方がピンと来ないと云っていた。
今は、違う。
世界中から何十億もの人たちが毎日集まる、今は、世界第2位の検索エンジンだからだ。第一はYouTubeの大元、グーグルである。

下記のような良くなる前触れをずっと、ずっと感じつつ6年間、YouTubeの研究、勉強を続けていました。沖縄の音色を世界へ広めながら・・・。

私がYouTubeを教えたい理由



●内容を分かりやすく短時間に伝達することが出来る。

●直感的な理解と訴求力に優れている。

●印象に残りやすく、認知度を高めやすい。

●視覚や聴覚に直接的に訴えるため、ソーシャルメディア上でより多くのリアクションが期待出来、顧客との接点を強化することができる。
そして配信システムとしてYouTubeを活用することで、さらにマーケティング効果を高めることが出来ます。

【YouTubeをビジネス活用、ブログ、webサイトと連携するしよう】

●動画配信のために必要なインフラのコストが必要ない。

●検索エンジンのVSEO(動画上位表示)効果が期待出来る。

●ソーシャルメディアへの共有が簡単なため、拡散しやすい。

●すでに多くのユーザーが集まっており、コミュニティがある。

●ブランド接触の時間を長くすることが出来る。

超文を最後まで閲覧して頂きありがとうございます。

新たにビジネスチャンネルとして開設したYouTubeビジネスチャンネルはコチラデス。

今後も皆様にお役に立てる機能を使って教えて行こうと思います。



自社広告 スポンサーリンク呼夢三線店
人生のBGMを奏でるという新しい趣味がある暮らし

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。